shakitamize!

2012年、アイドル〜ハロプロにはまってもろもろ。

ほどけた糸(6月13日〜16日の記録)

感情を記憶させておく場所というのものが、今はこんなところしか思い浮かばない。

* * *

6月13日、午後8時58分。僕は仕事で外出先にいた。

動画収録の本番2分前、最後の台本チェックを終えて、手持ち無沙汰にスマホのスクリーンをONにすると、通知欄にオタクの友人からの連絡が届いていた。
「大事件なのでTwitterを見てください」

その下には、Juice=Juiceの公式アカウントのツイート通知が並んでいた。
稲場愛香 Juice=Juice加入のお知らせ」

僕はスマホのスクリーンをOFFにして、収録開始の合図を待つカメラさんに「大変なことが起きました」と一言漏らした。

* * *

仕事が終わって会社へ戻る電車の中で、僕はスマホからTwitterのアプリをアンインストールした。

2014年4月29日、道重さんが卒業を発表した時、初めての推しの卒業発表に、世界が終わりを告げたようなショックを受けた僕は、ほうほうの体で山口県のホテルに辿り着いた。ベッドに横たわってTwitterを開くと、そこには色んなオタクの色んな言葉が並んでいた。

当たり前だけど、そのどれもが自分の感情とは一致しなくて、一致しない一つ一つの齟齬に苛立ち、疲弊してしまった。

それから、本当に自分の感情がよくわからない時はTwitterを見ないようにしようと思った。

電車の中でアンインストールを終えた後、Google Mapsを開いて、赤羽橋を検索した。窓ガラスの一つでも割ってやりたいと思った。ガラスは割れないまでも、せめて窓に一発パンチでもしようと思った。

でもきっと、巨悪のビルを前にして何もできない無力な自分がそこにいるだけ、という図が想像できたので、大人しく会社へ戻って仕事を続けた。

* * *

6月16日。今日までの4日間、色々な感情に身を委ねた。
怒り、呆れ、落胆、怒り、失望、放心、諦念、自棄、放心、放心、放心――。

最後に残ったのは放心だった。

「どうだっていいじゃないか」
「僕の好きな"Juice=Juice"というのは、僕だけの幻だった」
「なんだってよかったんだ。5人だろうが7人だろうが8人だろうが100人だろうが」
「なんだったんだろう。あの時怒ったオタクや、泣いたオタクや、揺れ動いたメンバーの感情、佳林ちゃんの気持ちは」
「全部、事務所からすればなんでもよかったんだ」

そうして"Juice=Juice"という名前を失って、"自分が好きなもの"を一纏めにする言葉を失って、僕は、ただ宮本佳林ちゃんと大人の事情と生まれたてのBaby Loveと如雨露とその他いくつかの曲が好きなオタクになった。

宮本佳林ちゃんのオタクとして、宮本佳林ちゃんが出る場所には行きたかったので、6月16日の三郷市のコンサートには行くことにした。

7人最後のホールツアーという感慨は当然のように無かったので、悲しくも無かったけど、かと言って楽しみにしていたわけでも無かった。

出発時間ギリギリに家を出て、電車を乗り過ごし、会場へ着いた頃には、このコンサートで一番好きな曲であるDream Roadのアウトロが流れていた。

* * *

2017年の7月13日。道重さゆみが再生して初のバースデーイベントの日、僕は朝の通勤電車の中でイベント後に開かれるオタク仲間との飲み会をキャンセルした。

そしてスマホから黄色いアプリを開き、名古屋で行われるJuice=Juice5人体制最後のLIVEのチケットを手に入れた。

仕事を急病で抜け、新幹線に飛び乗ったはいいが、受取先の郵便局で、譲ってくれる相手との連絡が途絶えた。開演まであと40分、30分、20分……ライブは始まり、せめて会場前で音漏れを聴こうと現地へ向かった時、ようやく相手と連絡が取れた。

開演して30分近くたったライブハウスの最後列へ体を潜り込ませて、一つ一つの音と、滲む光を記憶しようとステージを見つめた。

そういう感慨は、今日、2018年6月16日は無かった。

相変わらず、宮本佳林ちゃんは最強に可愛くて、遠目から見てもダンスのポージングや振り付け表現がしっかりしていて、歌の癖も強くて、でもストレートで、やっぱり「好きだなあ」「ずっと見ていたいなあ」と思った。

イジ抱きはいつ聴いても最高だし、SEXY SEXYは今期のMVP、裸のkissの佳林ちゃんのキレを堪能した。 髪を切った宮崎ゆかにゃがどちゃくそ可愛くてガチ恋だった。
それだけで十分だった。

けれど、ライブの後半にMagic of Loveが始まった時、そうして投げやりになっていた自分に魔法がかかった。音楽の魔法、ライブの魔法が。

抗いがたい、歌の力、メロディーの力、どうしようもなく心が躍り出して、腕が信者のように天を仰いでしまう力。

楽しかった。

別に楽しくならなくてもよかった。

ただ佳林ちゃんを見られればそれでいいと思っていた。

でも楽しかった。

音楽が僕の体を動かす限り、僕はライブに来るだろうと思った。

* * *

夢から醒めて、いまだ気持ちは晴れない。

それでもいつかは、この感情も薄れて楽しくライブを見る日が来るだろう。ライブの魔法にどっぷりと浸かる日が。

僕よ、いつかの僕よ、覚えておいてくれ。この感情が消えても、アップフロントを許すなんて思わないでくれ。

5人から7人になる時に、どれだけメンバーが自分達を奮い立たせて、努力して、オタクに気を遣って、新メンバーを迎え入れ、みんなで過ごして、少しずつまとまって、幸せに包まれ、この7人で頑張ろうと手を取り合ったメンバーの気持ちを踏みにじったアップフロントを決して許さないでくれ。

いつかの君が好きなそのJuice=Juiceは、
今の僕が好きなJuice=Juiceとは違うことを、
どうか、
忘れないで。