shakitamize!

2012年、アイドル〜ハロプロにはまってもろもろ。

ぼくは、Juice=Juiceのファンです。(6/26によせて)

ぼくは、Juice=Juiceのファンです。

Juice=Juiceは、ハロー!プロジェクトに所属する5人組のグループです。

先程、そのJuice=Juiceに新メンバー2名の追加が発表されました。
ハロ!ステ号外 ~ハロー!プロジェクト2017新体制決定スペシャル~

新メンバーは、梁川奈々美ちゃんと、段原瑠々ちゃん。
おめでとう。


ぼくは、少し前までJuiceに新メンバーが入ってほしくないなあ、と思っていました。
Juice=Juiceは、デビュー以来、ずっと5人で活動を続けてきたので、そういう文化はありませんでした。

Juice=Juiceがデビューした頃は、ぼくはモーニング娘。のファンでした。道重さゆみさんが好きでした。
道重さゆみさんが卒業を発表して、ちょっとしんどかったので、好きになり始めていたBerryz工房にも行くようになりました。
とても楽しかったです。
けれど、Berryz工房も活動を停止しました。

ぜんぶ終わって、モーニング娘。のコンサートにも行きましたが、目の前の光景よりもっと綺麗な思い出がたくさんあったので、辛くて見ていられませんでした。

それからフラフラしていましたが、2015年10月10日にフラッと行ったJuice=Juiceの江戸川公演がとても楽しくて、少しだけJuice=Juiceが気になりました。

またしばらくして、2016年の春頃になって、ちょっとずつJuice=Juiceのライブに通うようになって、ファンになりました。
ぼくは保守的な性格なので、好きなものは、ずっと変わらず、ずっと好きなままでいたいなあ、と思っていました。

だから、去年の初の武道館公演の時も(何か発表があるんじゃ……)と不安を感じていました。
でも、それを越えると、(おや、どうやら無さそうだぞ)という気持ちになってきました。
そして、5月にハロプロ研修生3人のデビューが発表になった時は、(まあJuiceは無いだろう)と安心していました。

けれど、6月上旬。カントリー・ガールズから3人が他グループに移籍することが発表されました。
それを聞いて、ぼくは、(あ、これはしょうがないな)と思いました。
こういう緊急事態ですし、カントリー・ガールズのメンバーのことを思うと、さぞ辛かろうと思いました。

あとは、誰が入るかなあ、くらいに思っていました。
誰が入ってきても、ぼくはJuice=Juiceのファンだからな、と思っていました。


そして今日、発表がありました。

すごく恥ずかしいのですが、急に実感が湧いて来ました。

……何を書けばいいかわかりません。

実感が湧いて来ました。

今までのJuice=Juiceとは、同じだけど、まったく同じではない、ということが。


ぼくは、Juice=Juiceの歌が好きです。
「曲」ではなく「歌」の素晴らしさを教えてくれたのJuice=Juiceです。

同じメロディーでも、歌う人によって、色も、響きも、温度も違って……。
最初は特に好きじゃなかったメンバーの歌も、どんどん好きになりました。

ライブ中に目を閉じていても楽しいのは、今のところJuice=Juiceだけです。

特にぼくは、Juice=Juiceのユニゾンが好きです。 音色がたった5色しかないから、ぼくの粗末な耳でも聞き分けられて、個性がバラバラで。

混ざりあった一つの色じゃなくて、一つ一つの色が独立して、プリズムみたいに乱反射して、閉じた目の裏に虹をかけます。

でも、そこに違う色が入ります。
今のままで十分好きなのに、変わってしまいます。

ニゾンだけじゃなく、もしかしたら、既存の歌割の一部も、変わってしまうかも知れません。

大好きな如雨露も、大人の事情も、Baby Loveも、世捨ても、続いていくSTORYも……。

続いていくSTORY。

この曲を、あの5人以外が歌う。そんなことが。


昨日まで、ぼくは余裕でした。想像力がありませんでした。

急に実感が湧いて来ました。

好きな曲が変わってしまうことに。
好きな歌が変わってしまうことに。

変わっても、また好きになれるかも知れません。
なれないかも知れません。

でも、変わらないものもあります。
メンバーです。

曲が変わっても、歌が変わっても、メンバーは変わりません。
それすら今は、とてもありがたいことです。

だから、メンバーが変わらないから、
ぼくは、これからまたJuice=Juiceのファンになるのだと思います。

7人になったJuice=Juiceの曲を、歌を、これから一つずつ好きになっていくのだと思います。
たぶん。
きっと。
最初はちょっと、テンションが上がりきらないかも知れないけど。


大丈夫。

ぼくはまだ、Juice=Juiceのファンです。

そして多分、

ぼくはまた、Juice=Juiceのファンになると思います。

6/4 演劇女子部『ファラオの墓』感想

モーニング娘。ハロプロ研修生、客演2名、演劇女子部2名の舞台、『ファラオの墓~太陽の神殿編~』を観てきた。 原作は竹宮恵子の同名作品。読んでいない状態での観劇。

一言で言うと「完成度の高い舞台だった」。

舞台の完成度とは

偉そうに「完成度」と言ったものの、それほど多く舞台を観ている訳ではなく、高校の頃に演劇部だったのと、大学の頃に学生演劇をちょこちょこ見たのと、社会人になってからはハロプロ舞台くらいしかみていない……。

そんな観劇経験だけど、「その作品を構成する要素の一つ一つがきちんとチューニングされているか」というのが完成度の一つの指標だと思って毎回舞台を観ている。

そして、『ファラオの墓』は完成度が高い舞台だと思った。

以下、ネタバレを含む感想。

続きを読む

「チケット、言うか言わないか。」を読んで

チケット、言うか言わないか。 - SEPTEMBER ENDs http://sayurumoon.hatenablog.com/entry/2017/05/15/010028

アンジュルムファンの方がこんなブログを書いていた。

上のブログを読んでほしいので、論旨はまとめずに書き進めようと思う。

Juice=Juiceファンのはしくれとして、ここ数日思っていたことをまとめる良い機会だ。

続きを読む

推しグループを紹介できない

現在午前3時20分。明日の朝までの仕事に全然手をつけないままサボりモードに入ってしまった。

いい感じに意識が潜って来たのでブログでも書こうと思う。

推しグループをもっと好きになってもらいてえなあ

「推しグループに売れてほしい」という願望を、どれくらいの人が持っているだろう。アイドルオタクになりたての頃は、「そんなのみんな思ってるでしょ」と信じて疑わなかったけど、どうやら全員が全員そうでも無いらしい。サステナブルならそれでいい、という人も居れば、明確に売れてほしくない、という人もいる。

続きを読む

好きなダンス(ハロプロ限定)

カウコンで久しぶりにだーいし(石田亜佑美)のダンスを見て、改めて「ダンス」というパフォーマンスが好きだなあと思った。

普段、Juice=Juiceやつばきファクトリーハロプロ研修生の現場に通っていて、「お、ここの動き良いな」と思うことはあるんだけど、「ダンスが見たいからこの子を目で追っていよう」と思えることは無かったので新鮮だった。

ただ、昔はあんまりだーいしのダンスを良いと思うことって無くて、なんでなんだろうなあと考え始めたことからこのブログを書いている。そして、最終的にはなんで佳林ちゃんのダンスには惹かれないのかなあということも考えたい。

続きを読む

2016年 ハロプロ楽曲大賞 投票まとめ

今年もやってきた

ハロプロ楽曲大賞」とは、モーニング娘。およびハロー!プロジェクト所属アーティストが1年間に発表した曲をみんなで順位付けして楽しもうという催しです。今年で15回目。

(中略)

※本イベントはファン有志の主催によるもので、(株)アップフロントプロモーションをはじめとしたハロプロ関連事務所とは関係ありません。

平たく言うと、ファンによる楽曲の人気投票。毎年とっても楽しみにしていて、どれくらい楽しみにしているかと言うと、カウコンと楽曲大賞、どっちが無くなるのが嫌かと聞かれたら楽曲大賞である。

なんでこんなに楽しみにしているかと言うと、他人の好きな曲や、その理由を知るのが好きだから、というのがある。それでもって、曲の好き嫌いに正解なんて無いんだけど、「こいつまじクソ曲大好きマンだな〜〜」みたいなことを思うのも好きなのである。

続きを読む

11/20 演劇女子部『ネガポジポジ』 感想

によるハロプロ舞台『ネガポジポジ』を観てきたのでその感想。 自分が見たのは、Cパターンの千秋楽である。

続きを読む